ユナイテッド航空、新ビジネスクラス「ユナイテッド・ポラリス」を日本線に初導入

今月からユナイテッド航空が、成田-サンフランシスコ線において「ユナイテッド・ポラリス」を搭載したボーイング777-300ER型機での運航を開始しました。
新機材の導入は、アジア路線ではサンフランシスコ-香港線に続いての2路線目となります。

 

 

ユナイテッド・ポラリスのコンセプトは「機内での快適な睡眠」。米国の高級デパート「サックス・フィフス・アヴェニュー」と提携して独自の寝具を開発し、機内で快適な睡眠を得られるよう、キルティングのデュベや薄めの毛布、2種類のブランケットを用意しています。
また、12時間を超えるフライトでは、希望すれば100%コットンのパジャマの用意も可能とのこと。少し着替えるのに勇気が入りそうですが、洋服の締め付けから解放されてリラックスできそうです。

重なる出張でお疲れのお客様、機内ではよく眠れずお悩みのお客様は、是非一度ユナイテッド航空の新ビジネスクラス「ユナイテッド・ポラリス」を体験してみてはいかがでしょうか。
(現在の日本発着便における導入路線は、成田-サンフランシスコ間のみとなりますのでご注意くださいませ。)

 

 

詳細は、ユナイテッド航空公式サイトをご覧ください。
> 特設サイト(英語のみ)
> 日本語案内ページ