ホノルルでの道路横断中の歩きスマホ、10月から禁止へ

米ハワイ州のホノルル市は、スマートフォンなどを閲覧しながら道路を横断する行為を禁じ、初回の違反者には最大35ドル(約3900円)の罰金を科す条例を制定しました。施行は10月25日から。

歩きスマホの危険性は、日本や欧米などで社会問題となっており、ホノルルは全米主要都市に先んじてこの罰則化へと動きました。

条例は、道路横断時に歩きながら携帯電話やタブレット端末、携帯型ゲーム機などの画面を見ることなどを禁止。警官が見つけた場合、初回は15~35ドルの罰金、1年以内に違反を繰り返した場合は2回目に35~75ドル、3回目は75~99ドルの罰金が科されます。
緊急通報や、歩きながら通話することは禁じていません。

スマートフォンのヘビーユーザーの方は、これを機にスマホの画面から視線を上げて、ホノルルの景色を楽しんでみてはいかがでしょうか。