海外からの招聘、思わぬ病気や事故への危機管理はしていますか?

訪日旅行客の3割が旅行保険に未加入

海外から外国人研究者を誘致する大学・研究機関にとって、訪日外国人が日本滞在中に災害・事故・事件等の緊急事態に遭遇した際に適切な対応が取れる体制を確立しておくことが招聘する上でのリスクヘッジに繋がります。

観光庁によると、訪日旅行客の中には旅行保険に加入せず来日する人も多く、滞在中の怪我や病気により多額の医療費が請求されるケースが報告されています。中には手術費などで1800万円かかった例も。日本政府観光局の調査では、昨年の訪日外国人観光客全体の約3割が、旅行保険などに未加入のまま来日していました。

「インバウンドトラベル保険」で招聘のリスクを軽減

アートツーリストでは、チャブ保険の「インバウンドトラベル保険」を契約し、対象となる訪日外国人(注)に「保険」と「アシスタンスサービス」を提供しています。
(注)当社で招聘航空券を手配した訪日外国人(ただし、入国後14日間を限度とする)

海外から研究者を呼び寄せる際には、来日中の危機管理にも対応できる当社の招聘航空券をご利用ください。補償内容など、インバウンドトラベル保険の詳細は当社スタッフまでお問い合わせください。