マレーシア、9月より「宿泊税」の導入を開始

2017年9月01日(金)より、マレーシア全国のホテルにおいて「宿泊税」(Tourism Tax)が導入され、ホテルからお客様への徴収が開始されます。

マレーシアの宿泊税に関しては、当初7月導入の発表がされて以来、導入時期や課税対象、課税額等が二転三転するなどの混乱がみられましたが、現時点では、上記の通り9月1日より導入と発表されています。9月以降マレーシアでご宿泊されるお客様は、ご注意くださいますようお願いいたします。

現在発表されている課税額は、ホテルのランクに関わらず、1泊1室につき一律10マレーシアリンギット(約250円)です。

■「宿泊税」(Tourism Tax)の概要

施行・徴収開始日:2017年9月01日(金)から
徴収方法:施行当初は宿泊者がホテルに直接支払う。
課税対象:マレーシアの全てのホテル。(政府管掌の宿泊施設、ホームステイは除きます。)
課税額:課税対象となる全てのホテルにおいて一律 MYR10/1泊1室。

[外部リンク]トラベルビジョン