バリ島アグン火山の警戒レベルが引き上げられました

インドネシア当局は、バリ島アグン火山の警戒レベルを最高のレベル4(危険)に引き上げ、山から12キロ以内の地域を立ち入り禁止としました。24日までに周辺の住民3万5000人近くが地方政府の市庁舎や学校に避難しています。

今後、同火山が噴火した場合には、火山灰等の噴出による健康被害が生じる可能性があるほか、航空機を含む各種交通機関運行に影響を与える可能性があり、十分な注意・警戒が必要です。

外務省は、アグン火山及びその周辺への渡航を予定している渡航者に対し、中止又は延期するように呼びかけています。

標高が3000メートル以上あるアグン山はバリ島の東部にあり、島の主要観光地域のクタとスミニャックから約70キロの距離。両地域は現時点で影響を受けていません。バリ島の飛行機便は通常通り運航されています。
渡航を控えているお客様は十分にご注意くださいませ。

[外部リンク] 外務省:インドネシア:バリ島アグン火山の警戒レベル引き上げに伴う注意喚起