エアベルリン、10月27日で運航停止

 エアベルリン(AB)は、10月27日をもって全便の運航を停止すると発表しました。
 同社は今年8月に破産申請を行い、ドイツ政府とルフトハンザ・グループの支援により、運航を継続しながら再建をめざしていました。

 同じワンワールド加盟会社で、一部の便でコードシェアを実施していた日本航空(JL)は発表を受けて、28日以降のエアベルリン運航便の航空券の扱いについて、ホームページ上で案内しています。

[外部リンク] 日本航空:エアベルリンの運航停止に伴う弊社対応について

直接日本航空にて対象航空券を購入した利用者には、日本航空から順次連絡されるとのことです。なお、当社でご予約いただいたお客様には当社からご連絡させて頂く予定です。
ご迷惑をおかけいたしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。