10月18日から、羽田空港の入国審査に顔認証ゲート導入開始

法務省入国管理局は10月18日から、羽田空港で日本人の帰国手続用に顔認証ゲートを3台先行導入します。顔認証ゲートの利用に当たり、事前の利用登録手続は必要ありませんが、IC旅券を持ち、身長が135センチメートル以上あり、1人で機械を操作できることが条件となります。

顔認証ゲートのしくみは、機械にIC旅券の顔写真のページから旅券の情報を読み取らせ、ICチップに登録された顔の画像と、ゲートの内蔵カメラで撮影した顔写真を照合し本人確認をおこないます。問題がなければゲートが開き、通過することができます。

顔認証ゲートを利用した場合には、入国審査官から証印(スタンプ)を受ける必要がなくなります。出張手続きで出入国スタンプが必要な場合は、最寄りの職員に申し出る必要がありますのでご注意ください。

法務省入国管理局では今後、他の空港にも顔認証ゲートの導入を進めていく予定です。

画像をクリックすれば、法務省サイト内のPDFにリンクします。

kaoninsho

kaoninsho

[外部リンク] 法務省:羽田空港における「顔認証ゲート」の導入について