JAL、今秋からLINEで遅延・欠航情報などを発信開始

JALは、今年の秋からコミュニケーションアプリ「LINE」を活用した新サービスを開始することを発表しました。

サービスの内容は、LINEの法人向け新機能「通知メッセージ」を利用して、30分以上のフライト遅延や欠航などを搭乗予定旅客に通知するというもの。

「通知メッセージ」とは、法人アカウントによる重要性や必要性の高い通知メッセージに限り、事前の「友だち」登録をすることなく、LINEユーザーとのメッセージ送受信が可能になる機能です。

JALによると、航空券予約時に、LINEを利用している携帯電話番号を連絡先として登録すれば新サービスの対象者となるとのことです。

上記の詳細な開始時期、内容、利用方法は後日改めて発表される予定です。

[外部リンク] JAL公式ホームページ「JAL、コミュニケーションアプリ「LINE」を活用した新サービスを導入」