ニュージーランドETAの導入について

2019年10月1日入国分より、日本国籍を含むニュージーランド入国査証を免除されている国籍の方が、ニュージーランドに3ヵ月以内の滞在目的で観光、業務、就学、公用または通過(入国しない場合も含む)目的で渡航する場合、渡航前に電子渡航認証NZeTAの取得が必要となりました。

また、同時に、環境保護・観光税(International Visitor Conservation and Tourism Levy)も導入され、NZeTA申請時に支払いが必要となります。
(オークランド国際空港で入国せずに国際線に乗り継ぐ通過目的は、環境保護・観光税の支払い不要)

 

NZeTA申請の公式サイトはこちら
申請方法は、WEBサイト(英文のみ)または専用アプリをダウンロードして申請の2通りです。
WEBサイトと専用アプリからの申請では、料金や申請方法が異なります。
専用アプリは、公式サイトの画面右下、リンク先(下記の表示)からダウンロード可能です。

▼専用アプリのダウンロードは、公式サイト内の下記の表示から可能です。

 

 

 

ご登録の際には、お手元にパスポートとクレジットカードをご用意の上、お手続きください。

申請処理に最大72時間を要するため、余裕を持って申請してください。

1.費用
<1>ETAモバイルアプリからの登録
NZ$44(ETA:NZ$9+環境保護・観光税:NZ$35)
<2>WEBサイトからの登録
NZ$47(ETA:NZ$12+環境保護・観光税:NZ$35)

2.有効期間
ETA、環境保護・観光税とも、取得より2年間有効