日本国政府 全世界からの入国制限を段階的に緩和

日本国政府は、10月1日から、ビジネス関係者に加え、順次、留学、家族滞在等のその他の在留資格も対象とし、原則として全ての国・地域からの新規入国を許可することを決定しました(防疫措置を確約できる受入企業・団体がいることを条件とし、入国者数は限定的な範囲に留めます)。

この決定による新規入国許可の対象となる在留資格等について、また対象となる外国人の方が本邦に入国するために必要な手続については、外務省のホームページでご確認ください。