10月8日より韓国との往来規制緩和へ

外務省は、10月8日から韓国との間でビジネストラック・レジデンストラックの運用を開始しました。この緩和により、2国間での短期出張がより行いやすくなります。韓国への出張を予定されている方は、必ず外務省ホームページにて最新情報および必要な手続きををご確認ください。
 
 
  • ビジネストラック:例外的に相手国又は日本への入国が認められ、「本邦活動計画書」の提出等の追加的条件の下、相手国又は日本入国後の14日間の自宅等待機期間中も、行動範囲を限定した形でビジネス活動が可能となるスキーム(*)。主に短期出張者用。
    (*)自宅等と用務先の往復等に限定した形で、公共交通機関不使用、不特定の人が出入りする場所への外出は回避。
  • レジデンストラック:例外的に相手国又は日本への入国が認められるものの、入国後14日間の自宅等待機は維持されるスキームです。主に長期滞在者用。

 

▼詳細につきましては、下記サイトをご覧ください。