外務省 9ヵ国の入国拒否指定を解除へ

外務省は10月30日、以下の9ヵ国・地域の感染症危険情報をレベル3からレベル2へ引き下げ、これらの国・地域からの入国制限を緩和することを決定しました。

対象国・地域

アジア:韓国、シンガポール、タイ、台湾、中国(香港、マカオ含む)、ブルネイ、ベトナム
大洋州:オーストラリア、ニュージーランド

何が変わる?

11月1日以降に対象国・地域から日本に帰国・入国する際の水際措置が以下のとおり変更されます。

  1. 国籍にかかわらず、日本入国時の新型コロナウイルス感染症の検査が原則不要になります。
  2. 新型コロナウイルス感染症の検査証明を入国時に提出することが原則不要になります。
  3. ビジネストラックが運用されている韓国・シンガポールからビジネストラックにより帰国・入国する際の手続きが変更します。詳細はこちら(外務省ホームページ)を参照ください。
  4. オーストラリア・ニュージーランド・台湾については、今回の変更により査証制限措置対象国・地域となるため、日本へ渡航する際は査証が必要となります。

また、ミャンマー・ヨルダンの感染症危険情報をレベル2からレベル3へ引き上げることも併せて発表しています。

参照

外務省 感染症危険情報の変更及びそれに伴う水際措置等手続の変更について(令和2年10月30日)
現在、上陸拒否対象に指定されている国・地域はこちらからご覧いただけます。