実際に起こったトラブル…、海外旅行保険で補償されました!

渡航先:イギリス(ロンドン)
内容:ご帰宅後にスーツケースの破損が発覚し、修理を依頼。
補償プラン:携行品損害
※スーツケースの破損につきましては各航空会社が補償をする場合もございます。

(N.T先生)


渡航先:ガボン共和国(リーブルヴィル)

内容:路上強盗に遭い、パスポート・貴重品を含む荷物を紛失。その際に打撲・擦り傷を負った。
現地では通院できず、帰国後にかかりつけ医を受診。
補償プラン:
旅行事故緊急連絡費用
(パスポート再取得のための手数料・交通費・宿泊代金)
携行品損害(携帯電話・財布・その他携行品)
治療費用(帰国後180日以内の診察にかかった治療費)

(S.T先生)


渡航先:ベルギー(ブリュッセル)
内容:台風で復路便が欠航になり、当初予定していた関西空港ではなく
東京到着のフライトへ振替。
補償プラン:旅行事故緊急費用
(東京から自宅への交通費・現地で購入した日用品の費用)

(K.M様)


そのにも…

・米国内の空港でスーツケースを開けたが形跡あり、
何も入れていなかったスーツケースの内部が汚れていた!
→携行品損害として修理代が補償されたため、
内部の修理または新品の購入を検討。

・財布を盗まれてしまった。
→生憎、財布の中に入れていた現金や小切手、クレジットカードは補償の対象外
しかし、財布本体は携行品として補償。

 

海外での不測の事態、身体だけでなく精神的にも負担は大きいもの。
ぜひ、海外旅行保険へのご加入をご検討ください。